子どもの感性をのばし小学校受験に成功する

小学校受験をする時は、子どもの感性を大切にしましょう。受験なので、学力を身に付けることが重要と思われるかもしれません。確かに学力も大切ですが、それを詰め込むだけではその子が持つ可能性をつぶしてしまう恐れがあります。小学校を受験する時は、知識だけではなく、個性や考え方も重んじられます。面接があるので、その時に、その子の人間性が問われるのです。人間性を伸ばすのは、難しいことではありません。その子の個性を尊重し、認めてあげることで人間性は伸びていきます。美しいものに触れて感動することも大切です。良い本を読んだり、良い音楽を聴くことで、感情の豊かな人間に成長します。親が自分から進んで、生活の中に良いものを取り入れる努力をする必要があります。親の姿勢も問われます。

親が子供の人格を尊重することが大切

小学校受験の時に、非常に大切なことがあります。それは、子どもの個性を尊重することです。それをしなければ、感性を伸ばすことはできません。多くの親が、自分の意向を押し付けようとします。自分の子のためを思ってと口にしますが、実際は親の望みを重視することが多いです。これでは、その子は萎縮してしまい、感情豊かな人間になることはありません。また個性を持ちにくくなります。受験する小学校は、大人の言うことを聞いてロボットのように行動する人間を求めているのではありません。自分で考えて、自分から行動する人を求めています。その時の基になるのが、感性です。子どもの人格を認めて、尊重するようにしましょう。それによって、その子は自信を持てるようになり、自分自身の感じ方ができるようになります。

音楽や読書を毎日の生活に取り入れる

子どもの感性を伸ばす良い方法は、美しいものに毎日触れることです。本を読む習慣を身に付けて、音楽に親しむようにしましょう。最初から自分で本を読むのは難しいので、親が読み聞かせをしてあげます。その子が楽しめる本を読んであげれば、本好きになって自分から読むようにします。音楽はクラシックがお勧めです。ポピュラー音楽の中にも良いものがありますが、昔から聞かれ続けている音楽の方が、人の心を動かします。ただし、長過ぎるものやメロディーが複雑なものは避けましょう。親自身も本や音楽に親しむことが大切です。自分はテレビばかり見ていて、子どもに本や音楽を押し付けても、その子の不快感が増すだけです。小学校受験は親も参加することを忘れてはいけません。親の姿勢も問われています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加